ご挨拶

人と鉄であすを拓く

 昭和33年の会社設立以来、「鉄」にこだわり、「金を失う」商売から脱却すべく、
付加価値追求、いわゆる「金の矢」を創るべく設備投資をおこなってまいりました。
時代環境の変化に対応し、得意先ニーズを把握しながら鋼材を中心に特殊鋼、鋼管、ステンレス等の素材を
一次加工し、小回りを利かせて得意先に納入してきました。
鋸切断からシャーリング、ガス溶断、プラズマ・レーザー切断と、精度と品質を重視してきました。
二次加工の曲げ・孔あけ・開先・切削・研磨に続き、厚物溶接の製缶部門も活躍しています。
 人材育成にも努め、21世紀に生き残る条件を満たし、存在価値を認めてもらうべく
独自カラーを一段備えていく所存です。
チャレンジとアクションを合言葉に頑張っていきますので、お引き立ての程、よろしくお願いいたします。

会社概要

社 名株式会社 清水
所在地〒680-0921 鳥取県鳥取市古海542番地1 千代金属センター内
TEL0857-23-1631
FAX0857-23-0999
設 立昭和33年6月
資本金5,000万円
代表者代表取締役社長 清水昭生(しみず あきお)
社員数91名
事業内容一般鋼材、特殊鋼、鋼管、非鉄の卸販売及び金属加工
(シャーリング加工、レーザー・プラズマ・ガス溶断加工、鋸切断、穴明け、プレス曲げ加工、
開先加工、切削加工、ロータリー研磨加工、マシニング加工、ショット加工)
不動産の賃貸業務
土地所有面積約22,000㎡
建物総延面積約11,000㎡
加盟団体協同組合千代金属センター(代表理事)、全国厚板シャーリング工業協同組合
主要取引先建築関係80社、機械関係100社、金属関係120社、その他120社
主要仕入先JFEスチール、中山製鋼所、中部鋼鈑、東京製鐵、大阪製鐵、合同製鐵、
中山三星建材、日鐵住金建材、JFE建材、共英建材、丸一鋼管、JFE条鋼 他
取引商社中山通商、清和鋼業、阪和興業、MM建材、阪口興産、JFE商事建材販売、ダイサン、
カノークス、三栄金属、山大興業、吉田鋼業、小野建、丸一鋼販、近藤鋼管、住商鋼管、
佐藤商事、住商特殊鋼、石井特殊鋼、南海シャフト、増屋、阪和工材、山内金属、宏和金属 他

グループ概要

社名株式会社 千代エンジニアリング
所在地〒680-0912 鳥取県鳥取市商栄町160-7
TEL0857-24-7717
FAX0857-24-8166
設 立昭和54年5月
資本金5,000万円
代表者代表取締役社長 清水隆文
社員数40名
事業内容自動化・省力化機器の設計・製造及び機械部品の加工
加盟団体協同組合千代金属センター・鳥取金属工業会
主要取引先茨城/日本メクトロン、兵庫/ウシオ電機 他
主要仕入先清水、三立、ヤマネ機材 他

沿革

昭和24年6月鳥取市今町で清水鐵鋼商店を創業。
昭和33年6月「有限会社清水商店」を設立。資本金30万円。
昭和41年6月現在地に本社及び倉庫を新設移転。
昭和44年7月資本金200万円に増資。
昭和45年7月資本金500万円に増資。
続きを見る
昭和45年10月鋼材切断加工部門の強化計画に着手。第一次近代化計画完成(倉庫増築、新鋭機械多数導入)。
昭和48年8月「株式会社清水商店」に改組。資本金800万円。
昭和51年12月職場環境改善事業及び第二次近代化計画完成
(切断加工専用工場新築、山陰地方最大能力のシャーリングをはじめ、新鋭機6台導入)。同時に労働安全衛生施設完成。
昭和57年8月切削部門に進出。複合プレナー、フライス盤導入
昭和58年5月工場共同利用事業および第三次近代化計画完成(隣接地に新加工工場新築、加工部門全面移転及び事務所新築。
切削部門強化、ロータリー研磨機導入)。協同組合千代金属センター設立、同代表理事就任。
昭和63年9月「株式会社 清水」に社名変更したのを期に、CI(コーポレートアイデンティティ)を導入。
平成1年4月事業拡大に伴い、管理能力アップをはかるため、コンピュータを上位機種に更新する。
平成1年8月隣接地2.323㎡取得。
平成2年1月第四次近代化計画完成(型鋼倉庫及び型鋼加工工場を新築。型鋼加工ライン(H型鋼、コラムの切断開先穴あけ)を新設。並びに既存工場の
レイアウトを変更し、ガス溶断加工ライン(NCプラズマ、NCガス溶断機、CADシステム)を新設。
また各工場の省力化設備を導入、能力精度、効率のアップを図り、社員の負担軽減を行う。
平成2年8月金型プレートの製作部門を当社特殊鋼の仕入先であるカワイスチールグループとタイアップし、近畿・中国・四国を市場に業務拡大をなすべく
別会社として(株)メカワークシミズを設立する。
平成10年3月
 〜13年5月
型鋼工場の付加価値アップのため、NCビームワーカー、角パイプ加工機の新増設とNCオートドリルマシンを更新する。
平成14年1月ガス溶断加工の精度・省力・効率アップ及び機械板金加工進出に伴いNCレーザー加工機を導入、機械溶接を開始。
平成14年10月機械板金加工工場を増築、得意先ニーズに応える。
平成15年3月折り曲げ加工の精度・省力・効率アップのため、NCプレスブレーキを更新する。ISO9001:2000を認証取得する。
平成15年6月5面加工機を導入し、切削加工の受注拡大と付加価値増を図る。
平成16年6月H型鋼切断の精度・省力・能率アップのため、汎用鋸盤をNC鋸盤に更新する。
平成16年12月平面切削の精度・省力・能率アップのため、ターンテーブル式フライス盤JK-500を新設する。
平成17年6月H型鋼開先加工の加工能力・省力・能率アップのため、H型鋼開先切削盤HGS-1275NLに更新する。
平成18年11月プレート関係の精度・省力・能力アップのため、ロータリー研磨機を新設する。
平成18年12月プレート関係の精度・省力・能力アップのため、高速NCフライスJK-1500を新設する。
平成19年2月レーザー工場を新築、能力アップのため、レーザー加工機2台増設。
平成20年3月
 〜20年6月
寿命及び能率アップのため、特殊鋼用バンドソーを更新する。能力・能率アップのため、CNC-BW増設する。
寿命及び能力アップのためコラム開先機及びバンドソー更新する。
平成21年6月オートボーラーを能力アップのため、1台増設する。
平成22年4月NCプラズマ溶断機を開先対応、能力・能率アップのため更新する。
平成24年3月新切削工場を新築、切削関係の設備を効率アップの為、
集約、5面加工機1台、NCフライス2台、NC両頭フライス1台を能力アップの為増設する。
平成24年9月NCガス溶断機を能力アップの為1台増設する。

事業所紹介

21世紀に対応する事業構築が、新しい時代を担う企業の使命です。
昭和24年の創業以来、一般鋼材・特殊鋼の加工販売を軸に事業展開を図ってまいりました。鋸切断、シャーリング、ガス溶断、曲げ、穴明け、切削、研磨、開先取り、ショットブラスト・レーザー切断等加工部門を順次増強。さらに新素材の研究にも意欲的に取組み、付加価値の高い二次・三次加工でのノウハウと技術力が実り、開発・販売において、精度の高さが要求される機械用材・建設用材が大きな比率を占めてきています。

鋼材加工メーカとしての技術総合力、鋼材商社としての販売力を兼ね備えたSIMIZです。また、これまで取り組んできた個々の加工を統合して、ユーザー企業が行っている材料手配・自社加工・外注加工管理などを一括受注することにより、ユーザー企業の工程管理、外注管理、配送等のマテラルハンドリングを軽減し、コストダウンに貢献できる「ワンストップショップ構想」を推進しています。

需要の大型化・精密化に対応した、レーザー加工機、NCフライス、マシニングセンター、更に、オートボーラー、NCプラズマ切断機と、順次、更新、導入し、常に設備の充実を図り、鳥取県内はもとより、山陰自動車道、中国横断自動車道姫鳥線開通に;:より、西日本全域を市場に、安定した売上・利益を確保しています。
 平成24年、切削新工場を建設、移転し、五面加工機、NCフライスを増設。常に客様のニーズに対応し、進化し続けるSIMIZです。

お問い合わせ
TOPへ