代表挨拶

株式会社 清水HOME > 代表挨拶
人と鉄であすを拓く

代表挨拶

代表取締役 清水昭生
昭和33年の会社設立以来、「鉄」にこだわり、金を失う商売から脱却すべく、付加価値追求の設備投資をやってまいりました。
時代環境の変化に対応し、得意先ニーズを把握しながら鋼材を中心に特殊鋼、鋼管、ステンレス等の素材を一次加工し、小回りを利かせて得意先に納入してきました。鋸切断からシャーリング、ガス溶接、プラズマ・レーザー切断と、制度と品質を重視してきました。二次加工の曲げ・孔明け・開先・切削・研磨に続き、厚物溶接の製缶部門も活躍しています。
人材育成にも努め、21世紀に生き残る条件を満たし、存在価値を認めてもらうべく独自カラーを一段と備えていく所存です。
チャレンジとアクションを合言葉に頑張っていきますので、お引き立ての程、よろしくお願いいたします。